令和元年 10月から 
 幼稚園の
保育料は「無償」となります! 


本年10月から「消費税」が基本的に8%から10%に値上げされます。
これを主な財源として、幼児教育が無償化されます。

「無償化」は、少子化対策及び幼児教育の重要性から、
保護者負担の軽減をはかるというものです。

本園でも、この10月から保護者の皆様方から徴収していた保育料が
原則無償となります。

ただし、全ての費用が無償となるわけではありません。

たとえば「給食費」については、
本園では、給食を「食育」という観点でとらえて、教育の重要な要素という考えから
従来は保育料の中に給食に係る費用を含めていましたが、
法的に「無償化」から給食費などは除外されることに決められているため、
保育料と給食費を分けて算出することになり、
給食費は実費をお支払いいただくことになります。
(個人の条件によっては、給食費の一部が無償となる方もあります)

また、「施設設備費(バス代)」については、
「無償化の対象外」で、バスに乗って通園される方は、今までどおりお支払いいただくことになります。
(バス通園されない方は不要です)

さらに、「預かり保育」の費用については、
原則として従来どおり有料となりますが、給食費と同じく個人の条件によっては、
一日につき450円が補助されることになります。

無償化の概要については、以上のようになりますが、
市町村ごとの施策によるものですので、
本園の内容につきましては「蒲郡市 子育て支援課」にお尋ねいただくか、
直接、本園にお尋ねください。